Zum Inhalt springen


消費者金融では印鑑証明書なしで申し込みできる


2014年8月7日

専業主婦でもキャッシングしていいかな?

キャッシングが男女も年齢も問わないものになってきているとはいえ、やはり『安定した収入があること』が第一条件とされていることもあり、『レディースキャッシングって言っても、専業主婦には関係ないのでしょう?』と思われているのではないでしょうか。
そう初めから諦めてしまうのは、ちょっと待ってください。実はあるのです。専業主婦でも利用可能な消費者金融業者というものがあるのです!

まず、三菱UFJ銀行のカードローン『バンクイック』を見ていきましょう。
こちらは、専業主婦の方ですと利用限度額の制限があり、その金額は30万円までと少々低い設定ではありますが、専業主婦の方であっても融資可能ということを売りのひとつにしています。

イオン銀行の『カードローンBIG』もまた50万円までの利用限度額制限はありますが、こちらも専業主婦の方であっても融資可能となっております。

これらの専業主婦でもOKなキャッシング業者は、業者によって夫の同意書や収入証明書類を求められることもありますが、必要のない業者もありますので、もしも旦那様には秘密でこっそりとしたキャッシング利用を考えているのであれば、こちらはよく確認するようにしてみてください。

主婦業をしていると毎日の生活費のやりくりにため息が出てしまうこともありますし、そんなときの生活費の足しにするのも良いですし、ちょっとしたストレス発散にこっそりとお金を使って遊んだりショッピングをしたりするのも時には良いものです。
ぜひ上手に利用してみてください。

2014年7月11日

西船橋にプロミス自動契約機を見つけた!

西船橋にもプロミスの自動契約機が「14号西船橋自動契約コーナー」としてあります。
専業主婦では申し込みをすることはできませんが、パートなどの収入がある主婦ならプロミスで借入をすることができます。
限度額は大きなものではありませんが、急な出費には役立つことになるでしょう。
パートの主婦でも一般的な申し込みと同じように審査には在籍確認があります。
主婦が多いパートの職場、同僚にキャッシングの申し込みなど知られたくないというお気持ちよくわかります。
在籍確認によって同僚にキャッシングをすることがばれてしまうのではないかという心配があるでしょう。
そんなときにはプロミスの在籍確認の流れを知っておくことで対処することができるはずです。
まず先に、プロミスでは「在籍確認の日時を相談できる」ということが大きなポイント。
同僚に知られたくないので自分が電話を直接受けることができる時間帯にしたいと相談してみましょう。
何日の何時に、という指定をしておくことでその時間帯に電話がかかってくることとなります。
直接自分が電話に出ることができれば問題ありませんね。
電話の会話としてはプロミスと名乗ることはありませんが、担当者の個人名での電話となりますのではっきりと言えば分る人には分かるもの。
出来る限り自分が電話に出たほうが安心であることは間違いありません。
審査に通過するかどうかよりも主婦にとっては在籍確認の方が心配かもしれませんね。
プロミス 五反田

タグ:
2014年5月8日

消費者金融はネット融資が多いです。

インターネット完結型というローンがあるくらい、消費者金融はネット融資が多いです。消費者金融は元から利用しやすいローン会社でしたが、インターネットの普及でもっと利用しやすくなりました。誰にも会わずにキャッシングできます。


ネット融資のメリットは、手間や時間がかからないことです。インターネットだけ取引から返済までできるわけですから、手間や時間はかかりません。誰にも会わないので秘密でキャッシングすることも可能になっています。


消費者金融での申込みは意外と勇気が要ることですが、ネット融資はそんな勇気は必要ないです。ネット融資の申込みは、ホームページで簡単にできると思います。必要項目を入力して、必要書類はメールで送るだけです。


ネット融資は本当に簡単にキャッシングできます。審査は消費者金融側が行うので自分でやることは項目入力とメールだけです。消費者金融の即日融資は審査時間が短いと思うので、数時間で結果が出ます。基本的に申込みはいつでもできます。

2014年2月5日

消費者金融では印鑑証明書なしで申し込みできる

消費者金融の借り入れは特に印鑑証明書などを必要とはしません。運転免許証や健康保険証があればそれが身分証明書となりますので、別に印鑑証明書を準備する必要はないのです。

消費者金融で借り入れしていて、印鑑が必要になるケースといえば返済方法を銀行口座からの引き落としとする場合でしょう。この場合は銀行の届出印が必要になります。銀行口座からの引き落としで返済する場合は、必ず申し込みしなければなりませんから、この時に準備するようにしましょう。

消費者金融は、申し込み時の書類がとても少ないことが借り入れまでの速さにもつながっています。また、ネット申し込みが最近では申し込み方法の主流となりつつありますが、属性に関する内容は入力ですみますし、身分証明書やもしも借り入れ希望金額によっては収入証明書が必要になりますが、これらはアプリなどから送信することができますので特に郵便で送る必要はありません。

消費者金融では気軽な借り入れが実現していることで、多くの方が失敗してしまいやすいのが借りすぎです。特に手間や労力がかからず、どこにも行かなくてもすぐに借り入れができるというのは、とっても便利な反面必要以上の金額を借り入れしてしまいやすいのです。

ごく少額の借り入れでも、返済回数が複数月になる予定の場合は、必ず返済シュミレーションを忘れずに行いましょう。毎月の支払い額がどれぐらいになるのかということと、完済日を理解しておくことが大切なのです。